できないよ

君を悲しませるものがなくなればいいな

君が孤独を感じないような世界がいいな

それは僕たちが 明日に向かう光を

強く信じて進んでいけたら 叶う未来

僕らが悲しいのはこの暗闇に気づいたからじゃないの

それを見て見ぬふりをしようとする弱い自分 ここにいたからさ

できないよ やめるなんて できないよ 捨てるなんて

光は遠いけれど 包まれている 僕らの未来を

痛みを忘れるくらい 愛を伝えていたい

泣きながら歩いている 帰り道 それでも信じてたい

今がね 苦しいのは この暗闇が明けないからじゃないの

それに吞み込まれるまま何もしない弱い自分 いつからなんだろう

できないよ 見ないなんて 忘れないよ あの笑顔

祈りはきっと届く この想いずっと抱きしめたままで

できないよ やめるなんて この夢を 捨てるなんて

光はまだ遥か遠いけど 信じてる今も

できないよ 見ないなんて 忘れないし 諦めない

祈りならきっと届く その灯火はずっと消えはしないから