白い鳥

さっきまでの青空が嘘のように 大粒の雨

慌てて駆け込んだ軒先で 君に出会った

群れから逸れてしまったのかい 似た者同士だ

まっすぐに飛んでゆけることなんて そう多くはない

濡れた羽根休ませながら 何度も空を仰ぐ

今 風向きが変わった 追い風になるのを

ずっと 待っていたんだ 君もそうだろう

その真白な羽根をめいっぱい あの空に広げて

はばたけ はばたけ すぐに行くよ 僕も

まるで始めての景色のようさ 見慣れた街も

雨降り続きだった日々に 洗い流されて

移ろうばかりの世界でも 変わらないものがあるから

僕らと同じように 泣いたり笑ったり

君にもあるのでしょう 表に出さないだけで

誰かの幸せを願う祈りは届くはず

どこかで君を 待っている人がいる

今 風向きが変わった 追い風になるのを

ずっと 待っていたんだ 君もそうだろう

その真白な羽根をめいっぱい この空に広げて

はばたけ はばたけ すぐに行くよ 僕も

はばたけ