Re:vale – 太陽のEsperanza 歌詞

SHARE

優しく注いでいる 光を隠すように
黒い雲は育って 月を飲み込んだ
汚れた手段でしか マウントとれないんだろう
可哀想な奴だって笑ってやろうか

風に任せて簡単に飛ばせるほど
この身体は動じないと
さあ 受けてたとう

どんな場所で歌ってても
誰かが指差してても
情熱と共に輝いてるよEsperanza
淀みきった瞳じゃ真実には気付けない
たゆまぬ想いよ 大事なひとを導く為の
しるべとなれ

どれくらいの覚悟で いつも立っているかを
お前はまだ知らない 知ろうともしないさ

雨を降らせて簡単に濡らせるほど
この心は脆くないと
さあ 見てるがいい

もしも気持ち掻き乱され
霧のなか見失っても
信じ合う瞳に輝いてるよEsperanza
戦ってる背中を太陽が照らすだろう
本気の想いよ 大事なひとを抱きしめる様に
励みとなれ

どんな場所で歌ってても
誰かが指差してても
情熱と共に
希望を掲げよう

もしも気持ち掻き乱され
霧のなか見失っても
信じ合う瞳に輝いてるよEsperanza
戦ってる背中を太陽が照らすだろう
本気の想いよ 大事なひとを抱きしめる様に
励みとなれ

How do you rate these lyrics ?