水泡

みんな死ぬんだ

いずれ呼吸が泊まって

明確な死の面影が

すぐそこまで迫っている

言葉にならない感覚を背筋がはっている

残るものは何もなく失うだけの日々を

繰り返している

全ては無駄になっていく

指先が震えるような感動も

手首を濡らす孤独も

時の砂粒に心は消えて

全て忘れ去られていく

思い出が心を蝕んだって

頬にこぼれる愛しさも

全ての思いは世界に回る

昨日失った今日で

傷だらけの体を抱えて

始まったものがいつか終わってその度泣くように声をあげた

その声を描いた

星になった彼らの全てが円満な物語だけじゃなかったように

悲嘆の面持ちはなかったことにされ

それらの恐怖が目を開ける

今呼吸を止めても長い間呼吸を続けても同じ結末を辿る

根幹は無価値のための人生

全ては枯れ果てていくのみ

世界が終わるほどの絶望も

満ち足た胸の温もりも

泣いて生まれた僕は世界に溶ける

泣いて生まれた君は無意味に

泥にまみれた生も

不自由の無い生も

愛したあなたも憎んだ君も

月を見て綺麗だと揺れることも

日差しを鬱陶しく感じること

全て無意味に終わっていく