風に吹かれて

涙混じりの雨が 上がったなら行こう

大袈裟に描いてる夏の魔法

潮風に身を任せて やけに高鳴る鼓動

駆ける超高速で地平の果て

風に吹かれて雲の流れを見てた 夏の気配を感じている

手を伸ばせば届きそうな気がした 広く青いこの空の下

理由のないときめきは あの日に置いたまま いつもどこかで探している

海岸沿いを抜けて 砂まみれのスニーカー じんわり溶けてくありふれた日々

夏の匂いに心をかき回されて 胸のざわめきに戸惑うけど

ゆるいカーブを長めのストライドで抜けて 心まで青に染まっていくから

風に吹かれて雲の流れを見てた 夏の気配を感じている

手を伸ばせば届きそうな気がした 広く青いこの空の下

いつもと同じ風に吹かれて