Shuta Sueyoshi – 体温 歌詞

SHARE

Everytime is lonesome day
Hard to say I’m sorry

愛してると呟くとき 離れた手を引き寄せたとき ねぇ
ボクは何を思ってたんだろう
最後のキス交わしたとき 改札口で手を振るとき ねぇ
キミは何を思ってたんだろう

駅へ急ぐ人の流れを背に時間を巻き戻した気でいたけど
これじゃまるでボクの方から離れていくみたいだ

どんな言葉で傷付けても体温が伝わることはない
溜息を白く染めるだけ
この恋に罪はない
誰のせいでもない

夢の中でキミに逢うとき 現実のボクは独りよがりで
きっと後悔なんて消えないんだろう
抱きしめていたいよ もっと触れていたいよ
ボクには響かない その言葉にチカラもない

記憶辿り 繋いだ手確かに 画面に映る写真は澄んだ瞳で
これじゃまるでキミとボクは死んでしまったみたいだ

落ちる雪はキミの様で ボクの心にただ積もるから
季節が二人を遠ざけてく
この愛に嘘はない
誰も愛せない

愛してると呟くとき 離れた手を引き寄せたとき ねぇ
キミは何を思ってたんだろう

How do you rate these lyrics ?