田舎者

煙草吹かして笑ってる

疲れた魅力の綺麗な君は

どんなに変わっても

田舎者の僕を嘲笑わない

東京の知らない地名と君の趣味

安物のヒールでも何かと似合う

同じ服ばかり着て過ごすような

僕とは違う目をした人

子供みたいな笑顔

何度でも見せてほしいよ

悲しいほどの優しさで

育まれた僕らは

誰かにもらう優しさの

せいで傷ついてしまう

煙草吹かして笑ってる

疲れた魅力の綺麗な君は

どんなに変わっても

田舎者の僕を嘲笑わない

ありのままの僕でいいとか

君の人生は君のものだとか

安直なうたに心閉ざすような

寂しい夜を怖れているの

僕にくれた言葉とは

傷ついた君が欲しかった言葉でしょう?

悲しいほどの優しさで

育まれた心は

誰かにあげる優しさの

ために擦り減ってしまう

誰からのどんな連絡も

待たないでいられる

悲しいほどに強い君

いつまでも少女のままの君

その愛嬌も優しさも

努力も笑顔さえも

男に媚びる才能と

何度も揶揄されながら

煙草吹かして笑ってる

疲れた魅力の綺麗な

君とどこへも行けるなら

早くこの街を抜け出そうよ

新宿駅で入れ替わる

隣の他人の気配を

感じながら目を閉じる

僕は君のようになりたい