Tag: 氷川きよし

Happy! 歌詞

がんばりすぎて いつも 強がり 見栄張り 眠れない日も 絶えず 笑顔を ふりまいて そんな君を いつも見てる 誰かが ここに いるよ いつも いるよ きみのそばに 手を握ろうよ 肩を組もうよ なにもなくても Happy! ひとりじゃないさ みんないっしょさ 今 歩き出そうよ 自信喪失 ずっと 弱気に うつむき 張り切りすぎて なんで ドン引き わたしだけ? ...

森を抜けて 歌詞

あなたの指さすところには もう光が生まれてる 悲しみは追いやって ただ前を向けばいい 野生の馬のように 二人で駆けていく 森を抜けて 森を抜けて そして朝が待っている あなたの涙のそのわけは もう話さなくていい 幸せはカンタンで やさしいカタチしてる 大きな鳥のように 二人で羽ばたいてく 森を抜けて 森を抜けて そして朝が待っている 野生の馬のように 二人で駆けていく 森を抜けて 森を抜けて そして朝が待っている ...

WALK 歌詞

どれほどたくさんの人に励まされて ここまで来たんだろう 優しい人たちがみんな 微笑んで 見守ってくれてた 信じられずに ひとり心閉ざしたりもしたね 人恋しさに 愛が欲しくて コンクリートの部屋で 孤独だけ抱きしめてた 先の見えない不安の中で 眠れない日が続いても 怖がらないで 止まらないで 涙を拭いて 笑顔を見せて 僕は僕のまま そのままでいいって言ってくれた Woo… こうでなきゃいけないとか ソンなもんは無い Woo… 今日も そのままで 生きるんだ 泣いて笑って 駄々をこねたら 時には甘えたって また少しずつ 頑張ればいい 自分と誰かを もう責めないで ゆっくりでいい 迷いながら歩けばいい 先の見えない不安の中で 眠れない日が続いても 怖がらないで 止まらないで 自分と誰かを もう責めないで ...

僕と私の1ページ 歌詞

黄昏の 1ページ 思い出す ワンシーン ふと振り向けば そこにいる あの頃の 僕だった ひぐらしの声 ビルの城 今を噛みしめ 生きている さぁもう 怖がらないで 確かな明日(あす)は 待ってるから 夏の音色が 呼んでいる 次のページをめくるように どんな私に 見えていますか 選んだ道は 間違いじゃない 足跡だけは 色褪せぬまま 土砂降りの 1ページ 忘れたい ワンシーン 苦い滴しずくを 払いのけ ひたすらに 書き殴った 雑踏の先 稲光 終わりを求め 流れてく ...

恋はBUN BUN 歌詞

恋はBUN BUN BUN BUN ケセラセラ 恋はBUN BUN BUN BUN ケセラセラ 明日のことなど ケセラセラ うぶな振りして 私って これでも結構 したたか女 見つめられてる 視線にも 気づかぬ振りして 焦らしたいのよ ちょっとときめいて ちょっと夢を見て 何かが始まる 予感がするの 恋はBUN BUN BUN BUN ケセラセラ 恋はBUN ...

Frontier 歌詞

ときどき 立ち止まり 足跡 ふりかえる 曲がりくねったその道の すべての一歩 噛みしめながら 憧れの地平を 探す旅の途中 一緒に歩いた人 かけがえのない出会いと別離 ライバルという名の友よ 夢半ば 倒れた あなたよ 微笑みで支えてくれた 優しい人ももういない この胸に生きる 星々と ……ともに 新しい地図で 憧れ辿り 破れた地図 思い出に変え カバンに愛を たっぷり詰めて 歩きだそう 虹の向こうへ 悲しみに さようなら こんにちは フロンティア ...

Jeanne d’Arc~聖女の微笑み~ 歌詞

限られた人生の中で 神の声に導かれ 想像以上の歴史 つくろうじゃない か 不可能に等しくたって たった1%だって 可能性 もしあるのなら いざ進め 変わり者でいい -使命を果たす- その為に生まれてきた 矢の霰が降って 傷負って 血に染まっても その信念 貫くのさ 勇敢であれ 祈り続けてた 救世主 ジャンヌのように 誇り持った 戦士ならば 勝利手にする 必ず! 初めは誰もが無力 門前払いを受ける 向上心を一層 かき立てられるさ ...

Labyrinth 歌詞

Bibbidi-Bobbidi-Boo-Boo! 魔法の呪文で わたしを着飾るの カボチャの馬車で さぁ出かけましょう 永久に 抜け出せない迷宮へと Fairy tale 御伽噺のデジャヴ あなたは 望みの全て シナリオ通り物語は運命? 偶然出逢えた日から 見ていたずっとあなたを 午前零時の鐘が鳴るまで 夢見せて in labyrinth 優しさと勇気 魔法信じて わたしは彩るの ...

小夜月 歌詞

幽かな小夜の 足音が聴こえる 木々の言の葉 私に影を塗る 零れ落ちてく 零れ落ちてく 泪は何処へと流れ 消えるのだろう 隠されてゆく 隠されてゆく 凛とした葉風が頬を 掠めてゆく 散りゆく花びら 私を慰める 小夜月 眼に滲ませる 泪は 雨となり 海となり 誰かを抱くのだろう 彼の月が 私へと 輝きを紡ぐ様に 例えこの手で 触れられずとも 例えこの声が 届かずとも 私はきっと 独りきりじゃない 私はきっと 移ろう時に 溜め息を預けて 答えなき問いの 答えを探してる 飲み込まれてく 飲み込まれてく 永遠に続く樹海の息吹 そのしじまに 彷徨うばかり 彷徨うばかり ...

九月に逢いたい 歌詞

お元気でしたか 変わりはありませんか いつも 心に あなたはいます だけど こうして会える日が 本当に待ち遠しかった 夏から秋へと移り行く 街の色も 風の心地も 今日を待つ 僕のよろこびだった 9月に逢いたい 9月に逢いたい人 一つ年を重ねて 未来の夢を見る そんな特別な日は あなたに逢いたい あの日 出会った あなたは とても疲れて 「悲しい」とも言えず 大丈夫な振りをしていたから 僕が癒してあげたかった 笑顔にしてあげたかった だけど 会うたび あなたは 優しくて 笑顔になったのは 僕のほうだった 9月に逢いたい 9月に逢いたい人 一つ年を重ねて 幸せ感じたい そんな特別な日は あなたに逢いたい ...

生まれてきたら愛すればいい 歌詞

開かれたドア その向こうに 彩り満ちた 光の世界 そこにあなたがいるのはわかってた でも会いにいく勇気がなかったの わたしの気持ちわかるかしら あなたわたしをどう思うかしら あなたの鏡にどう映るのかしら それが怖くて立ちすくんでいた 生まれてきたら 生きればいい 生まれてきたら 愛すればいい 理屈もなくて 理由もいらない それが人生 それを教えてくれたのはあなた 開かれた窓 果てない空 偽りのない 透明な世界 そこにあなたがいるのは気付いてた でも飛び立つ勇気がなかったの わたしの望み叶うかしら わたしあなたに好かれるかしら あなたの耳に届くのかしら それが不安でうずくまっていた ...

RESET 歌詞

まっ赤なランプが点滅を始めた 眠れない夜が何日も続く どこに行こうか ここにいようか 涙枯れても 花は咲かない 誰のそばにいよう 賑やかな静けさ 残された思い この空にとどけ 僕から生まれた 音楽の子供たちは 風に舞い上がる たくさんの風船みたい 君から生まれた いくつもの落書きは どこかで誰かが 色をつけて夢見てる 何も動かない朽ち果てた この大地で 逆さまに見れば 雲の上走る君が 何度もジャンプして 遥かな星つかもうとする 失われた時間 取り戻そうと もがいてる 道に迷ったら あの唄を口ずさむ 君と見つけたい これからのMyself

You are you 歌詞

あなたはかけがえのない あなた 誰にも変えられない あなた 自分を認めてあげて 全部受け入れてあげて 絶対ダメなんか思わないで あの子もあなたも この場所で 幸せになる為に 生まれた 他人の顔色なんか 伺わなくていい 清く志 誇れ! You are you この言葉が 届くといいな You are you この世界で たった一つの あなたの名前 それは生命 You are ...

SEVEN DAYS WAR 歌詞

“Revolution” ノートに書きとめた言葉 明日をさえぎる壁 のり越えてゆくこと 割れたガラスの破片 机の上のナイフの傷 理由を話せないまま 閉ざされたドアたたいていた すべてを壊すのではなく 何かを捜したいだけ すべてに背くのではなく 自分で選びたいだけ Seven days war 戦うよ 僕たちの場所 この手でつかむまで Seven days war Get place to live ただ素直に生きるために ...

Glamorous Butterfly 歌詞

ひらり ひらり 花びらのよう 咲いて 散って また微笑って さぁ Wake Up さぁ Make Up 綺麗になるのよ It's pleasure, It's pressure 強がり背伸びしては Don't Wake Up No Make Up 影に追いこされ 一人怯えて孤独になって 心 捨てた先に何があるの? ...

Page 1 of 2 1 2