アポフェニア

真昼に月を見ていたんだ

三角屋根の向こう

四角い街を見下ろした丸い顔を

モンスターみたい 背の高いビル

喉元に突き刺す光り

妄想だけでほら僕ら限りなく

暴走させてどんな物語になる

口上も無しに三文オルタナ 幕を開けろ

取り留め無い日常に意味を

夜風が雲をちぎってった

歪に削り取って

破片を放射線状の雨に変えて

キャンディーみたい 砕けて落ちる

煌めいて降らした光り

妄想だけでほら僕ら限りなく

暴走させてどんな物語になる

予想もつかぬ様な群像劇を書き殴れ

アポフェニア アポフェニア