瞼とオレンジ色

ひらひらとした一切れの夢

見え隠れして今日もまた過ぎ

いつまで経っても大人になれない

同じ日々を繰り返し

そんな弱い自分が嫌いで

強くなることはもう無理だと感じた

飽き飽きした

ため息を吐いて

ため息を吐いて

ため息を吐いて

ため息を吐いて

ゆらゆらとした時間が走る

また今日も朝がきてしまった

ひとひらの夢は儚く散った

この幸せは夢だった

ため息を吐いて

ため息を吐いて

ため息を吐いて

ため息を吐いて

瞼に落ちたオレンジ色は

世界をまるで悟っているようだ

想像よりも世界は美しいみたい

世界は明るい

未来よ輝いていて

輝け

輝け