アイーン

僕たちのヒーローの銅像が建った日

駅前の記念樹にとまったカラスが勝手に泣いた

20時じゃなく 8時にピンチは後ろから来る

叫んでいた僕らも そこそこに いい歳になった

悲しいけど 梅雨空の上には

笑顔になる 夏はもうすぐそこ

蹴られたって 殴られてたって この勝負

だいじょうぶだぁ

何度だって立ち上がる 肘をあげて

僕たちのファイティングポーズをとる

呪うつもりが祝って 崇めるつもりが祟って

裏という字の中に表を見て生きて来たんだ

悔しいけど 時は止められない

今年もまた 夏はもうすぐそこ

夢破れて しんどくたって 人生は

だっふんだ

何度だって立ち上がる 肘をあげて

僕たちのファイティングポーズをとる

大声で泣いて 大声で笑ってた

ちょっとだけよ

ダメだこりゃ

東村山には早紀やタマ子