夢現

この頃思うんだ 全部嘘だとしたら

僕は何処にいて 誰といたかって

どうしようもないくらい 馬鹿げてるよ

もう少しだけここにいても いいよね

君の声がした 心のずっと奥で

何かが溶けるように とめどなく流れてしまうんだ

どうしようもないくらい 馬鹿げてるよ

あの日の君に 会えるはずもないのに

もう少しだけここにいても いいよね

風船が飛んでいく 夕映の空へ消えてく

大きな風を待ちながら 夜の闇に怯えながら

風船が飛んでいく 高く空へと飛んでいく

もうここに戻れないこと 知らなかったあの日の僕らのように