歩み

目を閉じて 見つめてる

君の一歩一歩が 僕にくれたものを

ありふれた 言葉よりも

僕の指先を ギュッと握ってた

その力強さが 教えてくれたものを

おめでとう 今君は 僕の手を離して

初めて一人で歩いた日のように

ただまっすぐに 振り向かないで

旅立ちはいつだって どこからでも良いから

何度転んでも 立ち上がれば良いさ

泣いたっていいさ 悔やんだっていいさ

君らしく 君らしく

歩んで行くこと

今僕が願うことは ただそれだけ