それでも僕は

ここは灰色の街

誰かに嫌われたくなくて

僕は言葉を選んでいる

声はずっと頼りないけど

誰かのように息をして

好きに言葉を

紡げたらどんなに

幸せでしょうか

誰かを導こうなんて

大それた事思ってないから

後ろめたくて

ごめんね

君の好きな音楽を

愛したいと思うけれど

耳を塞ぎたくなることが

たまにあるんだ

ごめんね

それでも歌うよ

何時でも歌うよ

その度生まれ変わる

君を見ていたい

君の足元で

響く音は温かい

灰色の街で

僕は歌うよ

ひとつふたつの嘘を重ねた

悲しみだらけの世界で

君が「好きだ」と囁く

耳鳴りは止まらない

痛いな

ごめんね君の好きな音楽を

愛したいと思うけれど

耳を塞ぎたくなることが

たまにあるんだ

ごめんね

嘘じゃない

本当の僕を知って

ただ今は

僕の声を聞いて

泣き出した

君に少しの愛を

僕なりの言葉で

紡ぎたいから

ごめんね君の好きな音楽を

愛したいと思うけれど

耳を塞ぎたくなることが

たまにあるんだ

ごめんね

それでも歌うよ

何時でも歌うよ

その度生まれ変わる

君を見ていたい

君の足元で

響く音は温かい

灰色の街で

僕は歌うよ

君のいる街で

僕は歌うよ