光の夜

小さな星を見上げた僕ら

息をする事も忘れたね

光と影が混ざり合うから

世界は色鮮やかになるんだな

満たされないまま

時は果てしなく流れてゆく

手を振る君に何も伝えきれなくて

光の夜 美しくて

時が止まる気がしていたんだ

あの日君がくれた夢を

今でもまだ抱えたまま

名もなき星の光がいくつも

僕の体をすり抜けてく

たった一つのその答えが

聞きたかっただけさ

何を手に入れたんだろう

何を失ったのだろう

数えきれない星に

その答えを探して

光の夜 震えながら

僕は君の名前を呼ぶんだ

この夜空を信じたなら

新たな世界が始まるさ

光の夜 手を伸ばせば

君に触れられる気がしたんだ

いつの日にかまた会えたら

少しだけ泣いてもいいかな?